現地から保険会社への連絡方法|クレジットカード海外旅行保険情報

海外旅行先でトラブルや体調不良で病院の受診が必要になった場合の現地での保険会社への連絡方法を3種類ご紹介します。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の日本語窓口・海外連絡方法や注意点・便利なクレジットカードのご案内です。

現地で海外旅行保険窓口に連絡する方法

病気やトラブルで保険会社のサポートが必要な場合、滞在している国から保険会社の窓口に連絡を行い、保険会社に連絡先を伝え、

その場での対応が不可能・連絡が必要な場合は折り返しの電話を待ち追加の案内や必要事項を聞く事になります。

 

連絡方法は大きく分けると3種類あります。

通話料無料のコレクトコールを利用する

コレクトコールとは、電話をかけた方ではなく受けた方が電話の代金を負担するという制度で、利用者の負担が無いので料金が高い国際電話でも安心して電話をかける事ができるサービスです。

コレクトコールはとても便利なサービスですが、重大な問題点があり、日本人が海外で利用するのは難しいサービスです。

その理由は、「言葉の問題」でコレクトコールの対応は英語になる事がほとんどで、クレジットカード海外旅行保険の案内には英語案内の定型文が載せられているくらいです。

案内は結構複雑で、体調不良やトラブルで気が動転している時にオペレーターの英語を聞き取りこの文言を話すのは難しいと思います。

 

日本語対応の現地窓口に直接連絡する

一番おススメなのが、「現地の電話を使って現地の日本語対応のアシスタンスセンターに連絡する」という方法で、

この方法を利用すると、

  1. 複雑な手続き無く
  2. 直接日本語での対応を受ける事ができ
  3. 国内通話なので通話料金が安い

というメリットがあります。

この方法を利用するには、現地の固定電話を借りる必要がありますが、ホテルや宿泊施設に頼めば電話を借りる事ができるので、簡単です。

注意点・クレジットカードの選び方 

今回紹介する3つの方法の中で難易度が低く料金が安いこの方法ですが、クレジットカードの選び方を間違えると利用が難しくなります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険によっては、現地連絡先がとても少なくこの方法を使用しても料金がかかってしまう事もあります。

そのため、現地窓口を確認してから海外旅行保険付帯のクレジットカードを選ぶ事をお勧めします。

 

 

日本語対応窓口の数が多いと、現地電話からの連絡が取りやすく、それだけ利用が便利になります。

南米・ペルーでリクルートカードJCBに連絡を行いましたが、初めから終わりまで日本語対応だったので本当に助かりました。

 

現地から日本の窓口に連絡する

現地窓口も無く、コレクトコールの使い方も分からない場合は、現地から直接日本の窓口に連絡する事になりますが、

コレクトコールが利用できないと、国によっては多額の料金を請求される事があります。

例えば、

ソフトバンク利用・ヨーロッパの場合だと3分700円~900円が相場で、1回の通話で数千円の料金が発生する場合もあります。

ヨーロッパからの国際電話通話料

 

注意点

1.現地の公衆電話や現地の人から借りた携帯電話は保険会社への連絡に使用する事ができない場合が多いので、ホテル等の固定電話からのご連絡をお勧めします。(補足1)

2.日本の携帯電話・スマートフォンをご利用の場合は地域によっては高額の通信料が発生する場合もあるので、通話やデータ通信の使用にはご注意下さい。(補足2)

 

補足1:タイ・アルゼンチン・ウルグアイ・チリ・ブラジルで公衆電話からの連絡を試みた事がありましたが、公衆電話からの保険会社への連絡ができませんでした。(ウルグアイは現地の方の携帯電話も不可)

補足2:タヒチでWi-Fiを切って通信を行ったとこと、ほんの少しの接続で帰国後に5万円の請求がきました。

レンタルWi-Fi・レンタル携帯電話を持っていれば安心!

レンタルWi-Fiやレンタル携帯電話を持っていれば、いざという時にもパケット代金や通話料を気にする事もなく、サッと連絡先を調べて気軽に連絡を取る事ができるので、持っていればいざという時にも安心です。
料金プランはこちらWifiレンタル

現地からの連絡に便利なリクルートカードJCB

現地窓口が多い【リクルートカード】

クレジットカード付帯の海外旅行保険を今までに6回使用した事がありますが、保険を使用する上で一番困った事は、「現地からの連絡方法」です。

 

「コレクトコールの使い方は分からないし、通話料の請求が怖いし・・・」

と悩む事が何度もありましたが、

 

日本語対応の現地連絡先が48カ所あるリクルートカードJCBを持ってからはその悩みから解消されました。

リクルートカードJCBは、年会費無料で加入するとポイントがもらえるので持っていても損はありません。

最大6000円分ptプレゼント!【リクルートカード】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です